マンガガタリとは...!
> > > >
記事種別
マンガネタバレ感想
カテゴリ
少年漫画
キーワード
{{ keyword[1] }}
追加 完了
2015.10.25 12:34 投稿

『暗殺教室』161話「プライドの時間」【ネタバレ・感想】

『暗殺教室』161話「プライドの時間」【ネタバレ・感想】_thumb
noppo

バレンタインも過ぎ、卒業の日が刻々と迫るE組の生徒たち。
卒業が近づき生徒一人一人が成長を遂げている中、カルマ君の素行不良は相変わらずのようで......
 
(前回)160話「バレンタインの時間・放課後」はこちら↓
https://mangagatari.com/topics/769

10207
0
Comment image
5772:noppo 2015.10.25 12:42

下校中、カルマ君とガラの悪い男子生徒との喧嘩を必死で止めにかかった殺せんせー。
プライドを捨て、頭を下げる殺せんせーに
「雑魚相手にプライドを捨てるなんて、自分の中の大切な刃を失くしちゃうよ。」と反論するカルマ君ですが、、、

0
Comment image
5773:noppo 2015.10.25 12:47

殺せんせーは
「理想のためには頭を下げねばならない時がある。」と諭します。

関係ないのですが、殺せんせーのネクタイってカルマ君の顔ぐらいでかいんですね!

0
Comment image
5774:noppo 2015.10.25 12:58

冴えない顔で渚たちと下校する中、クラスメイトのイトナに
「最初に会った頃の強さにはもうこだわってないのか?」と質問をするカルマ君。
まだ、殺せんせーの言葉が腑に落ちないようです。
イトナは
「本当に欲しかったのは強ければ手に入るようなものじゃなかった。」と触手に支配されていた頃とは違い、力と強さへの執着心から逃れた様子が伺えます。

そんなとき、奥でなにやらいざこざが、、、。

0
Comment image
5775:noppo 2015.10.25 13:01

どうやらクラスメイトの矢田さんが外国人たちにちょっかいを出されているよう。
すかさず止めに入るカルマ君たちですが、、、

0
Comment image
5776:noppo 2015.10.25 13:03

カルマ君は外国人たちがかなりの手練れだと見抜いたよう。
手を出したら危ないと直感します。

0
Comment image
5777:noppo 2015.10.25 13:09

そして奥には前回登場した「ホウジョウ」と呼ばれる人物が。カルマ君が「別格でヤバい」と悟ったホウジョウ、一体彼らは何者なのか、、、。矢田さんを力で助け出せずその場で立ち尽くしてしまう生徒たちですが、、、。

0
Comment image
5778:noppo 2015.10.25 13:17

頭を下げて謝るカルマ君。
挑発に耐え、矢田さんや渚たちを守るため理性を押さえている中、殺せんせーに教えられた言葉が蘇ります。

0
Comment image
5779:noppo 2015.10.25 13:23

頭を下げた甲斐もあり、「からかっただけだ」と笑ってその場を立ち去ってくれた外国人たち。

謝っていなかったらどうなったことやら、とほっと胸をなでおろす一同。その後ろに、「イトナ」と呼ぶ声が。

0
Comment image
5780:noppo 2015.10.25 13:29

その声は失踪していたはずのイトナの父親の声だった。
突然の父親の登場でびっくりですが、
「無事でいてくれて本当によかった」と父親の一言。

さっきカルマ君が挑発に堪えて謝ったからこそ、巡り会えた感動の再開なのですね!

0
Comment image
5781:noppo 2015.10.25 13:33

触手から解放されて人間らしさを取り戻したイトナが見せた嬉し涙。グッときますね!

感動の再開で締め括られましたが、生徒たちの前に現れたホウジョウ。今後が気になります。
どうか生徒たちの身に危険が及びませんように.....!!!

0
コメントする