マンガガタリとは...!
> > > >
記事種別
掲示板
カテゴリ
少年漫画
キーワード
{{ keyword[1] }}
追加 完了
2015.09.02 15:57 投稿

【ジャンプNEW!看板漫画!】『僕のヒーローアカデミア』ってどんな漫画?

【ジャンプNEW!看板漫画!】『僕のヒーローアカデミア』ってどんな漫画?_thumb
Kyoko Kikuchi

もはや週間少年ジャンプの看板漫画であると断言出来る!?『僕のヒーローアカデミア』ってどんな漫画なの? おさらいしてみましょう!

1417
0
User comment
4190:Kyoko Kikuchi 2015.09.02 16:09

超現実的な能力、つまり超能力を持っているのが「あたりまえ」「フツウ」になった現代。そこでは人々の個性がそのまま爆発やサイコキネスなどの超能力として表現される。世の中にはそれを悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)もいて、警察では対処しきれなくなった敵(ヴィラン)たちを取り締まるのが「ヒーロー」たちだ!! 主人公【緑谷出久】は小さい頃からヒーローに憧れていたのだった、、

0
User comment
4191:Kyoko Kikuchi 2015.09.02 16:21

主人公の緑谷出久は超能力(個性)があたりまえの世界で、とても珍しい「無個性」、つまり超能力を何一つ持っていない少年だった。彼は極度のヒーローオタクで、多くのヒーローの仕事振りや事務所などの情報を集めるのが趣味だ。常々「ヒーローになりたい」と思っていながらも「無個性」であることが彼の重大なコンプレックスだった。実際「無個性」の人間がヒーローになれるわけがない、そうクラスメイトに揶揄されることもしばしば、、しかし伝説のヒーロー【オールマイト】との出会いが彼の人生を大きく変えることになる!

0
User comment
4192:Kyoko Kikuchi 2015.09.02 16:32

「平和の象徴」、「No.1ヒーロー」である【オールマイト】。緑谷出久にヒーローの可能性と本質を見出し、彼の修行の面倒を見る。暑苦しい男だが、繊細な一面を見せる時もある。ヒーローとして人々の前に現れる時には必ず決め台詞「私が 来た」と強く言い放つ。彼だけこの作品の中で顕著に異なるタッチ(アメコミ風)で描かれ、作品内でもしばしばその指摘が見られる。努力の積み重ねとしての身体能力や「個性」を譲渡する「個性」聖火の如く受け継がれてきた「力の結晶」【ワン・フォー・オール】(個性名)を持つヒーローであり、それを緑谷に引き継ぐ。

0
User comment
4193:Kyoko Kikuchi 2015.09.02 16:46

【爆豪勝己】、爆破の個性を持ち、掌の汗腺から出したニトロ状の汗を爆発させることができる。それによる爆破の威力は非常に高く、また推進力として使用すればかなりアクロバットな戦闘をも可能にする。緑谷出久とは一応のところ幼馴染で、緑谷からは「かっちゃん」と呼ばれる。一方爆豪は緑谷が無個性であることを理由に、緑谷を「デク」と馬鹿にしていた。しかし敵(ヴィラン)に襲われた爆豪を緑谷が助け出したことや、【雄英高校】での緑谷の努力を見て、少しずつ、緑谷をライバルとして認め始める。

0
User comment
4194:Kyoko Kikuchi 2015.09.02 16:55

【麗日お茶子】は緑谷出久と雄英高校の入学試験で出会い、危機を救われたが為に緑谷のことを序盤から評価、信頼している。無重力「ゼロ・グラビティ」を個性として持つ。彼女が触れたものの引力を無効にし自在に操る非常に強力な個性だ。しかし使いすぎると乗り物酔いのような吐き気を催すデメリット付き。緑谷への悪口「デク」という表現を「頑張れって感じで好き」と言い緑谷に自信を持たせる場面もあり、ヒロイン的な立場を与えられている。しかしまだ特別恋愛めいた場面は見られない。

0
コメントする