マンガガタリとは...!
> > > >
記事種別
マンガネタバレ感想
カテゴリ
少年漫画
キーワード
{{ keyword[1] }}
追加 完了
2016.02.01 02:37 投稿

『僕だけがいない街』第1話「走馬灯2006.05」【漫画ネタバレ・感想】

『僕だけがいない街』第1話「走馬灯2006.05」【漫画ネタバレ・感想】_thumb
肉☆肉

漫画『僕だけがいない街』第1話「走馬灯2006.05」のネタバレ及び感想です。
 
読んだことがない方も忘れてしまった方もぜひ!

1149
0
Comment image
36835:肉☆肉 2016.02.01 02:39

主人公・藤沼悟はメジャー誌での掲載を望む28歳のフリーター。ゲームのコミカライズでデビューはしていたものの、メジャー誌の編集者に「キャラの心情への踏み込みが甘い」というダメだしをうけて気落ちしていた。本当にギリギリのところまで踏み込んで書いていないとはわかっているものの、「あの時こうしていれば」という言い訳が通用しない領域が、自分の顔を晒して他者から評価されるということが、自分自身の存在そのものにイエス・ノーを突きつけられるようで怖いのだ。

0
Comment image
36836:肉☆肉 2016.02.01 02:39

女子高生の片桐のいつも通りの拾えないジョークをかわしてピザの配達へ向かう。すると、「どくん」いつものあれがきた。違和感をみつけた悟は横断歩道を渡ろうとする少年を別の方向に誘導し、その違和感であったトラックを停止させようとバイクを走らせる。そして、気絶している運転手を起こそうと声をかけているうちに対向車に正面衝突してしまった。走馬灯、過去の記憶が駆け巡るなかで記憶にない少女が現れるが、片桐のこえで目がさめる。

0
Comment image
36837:肉☆肉 2016.02.01 02:40

病院のベットの上で気がついた悟、片桐の説明によるとアタマを打ったが外傷はほとんどなく脳に異常がなければ2、3日で退院できるという。悟は片桐と初めて話した。弁償とかは考えなくてもいいから元気になったら帰ってきてほしいという店長の話、母親が明日来るという話や夢の話をした。話してみると悟には、子供っぽいと思った彼女は実は結構しっかりしていて自分なんかよりよっぽど「大人」な気さえした。

0
Comment image
36838:肉☆肉 2016.02.01 02:40

眠りにつくとまたあの少女の夢を見る。目がさめるとその子についての記憶が少し蘇った。
 
「雛月加代」
その子は死んだのだった。

0
コメントする