マンガガタリとは...!
> > > >
記事種別
マンガネタバレ感想
カテゴリ
少年漫画
キーワード
{{ keyword[1] }}
追加 完了
2016.01.20 16:22 投稿

『AKB49〜恋愛禁止条例〜』262話(最終話) 「AKB49」【ネタバレ・感想】

『AKB49〜恋愛禁止条例〜』262話(最終話) 「AKB49」【ネタバレ・感想】_thumb
noppo

ついに迎える最終話。ステージに立つのは、あれ?みのり?
浦山実の新たなスタートが始まります。
『AKB49〜恋愛禁止条例〜』第261話 「シアターの女神」はこちら↓
https://mangagatari.com/topics/1325

26704
0
Comment image
31564:noppo 2016.01.20 16:26

鳴り響く、AKBラジオ。みのりの同期、春子とチエが活躍する姿が垣間見えます。
しかし、映された場所はフランス。海外ファンが集まる中、AKBの公演が開かれようとしています。

0
Comment image
31565:noppo 2016.01.20 16:29

今は卒業した浦川みのり。彼は、浦山実の姿で今はコンビニ店員として働いていました。

0
Comment image
31566:noppo 2016.01.20 16:33

公演後の数ヶ月の間に、様々なことが起こったようです。
岡部はエレーナとして、その年のグラミー賞を獲得。記者が「ルーツは?」と尋ねると、
「Japan(日本)」と一言。あんなに日本にいることを否定していた岡部。みのりと戦って得た答えなのでしょう。顔は写されていませんが、オーラが有り余っています。

0
Comment image
31567:noppo 2016.01.20 16:35

ファンによって守られた浦山実は、遂に正体をバラされることなく、無事に平穏な日々を送っていたのでした。

0
Comment image
31568:noppo 2016.01.20 16:37

アリスはAKBの商品を買うため週一で実の働くコンビニへ。
平和に過ごしているようです。

0
Comment image
31570:noppo 2016.01.20 16:40

その頃、AKBはフランス公演で準備中でした。
今日も楽屋がみのりの話題で持ちきりになる中、寛子はある提案をします。

0
Comment image
31572:noppo 2016.01.20 16:44

そして、実の働くコンビニにはもう一人、彼のための常連が。
秋元康です。
アフロディーテの一件は、秋元が彼女に伝えたことで世間にバラされることを未然に防げていたのです。

しかし、秋元は言います。
「私は言っただけだ。彼女の心を動かしたのは君だ。」と
AKBの運営で働くことを勧める秋元ですが、実はそれを断り続けます。
「ただの吉永寛子ファンに戻ります」と言って.....。

0
Comment image
31573:noppo 2016.01.20 16:47

「AKBを頼みます」と実が伝えると、秋元は言います
「うちのじゃがりこたちは、皆優秀なんでね」と
このネタ、1巻にあるんです。主人公が初めてアイドル魂を見せた時のシーンで!
気になる方は読んでみてください。

0
Comment image
31574:noppo 2016.01.20 16:50

「ファンは神様とは、よく言ったものだ」そう言って立ち去る秋元康。
そして場面はAKBのフランス公演へ。
寛子の両親のノリノリで応援に来ているみたいです。あんなに大反対してたお父さんまで!!

実は大学入試に向け勉強中のようです!!

0
Comment image
31576:noppo 2016.01.20 16:52

その時、バイト仲間が突然実を呼びとめます
「AKBってブスばっかじゃん!!」と
痛烈な一言、実はどう反論するのか、、、、。

0
Comment image
31577:noppo 2016.01.20 16:56

間も無くフランス公演が始まる直前、おや、みのりにそっくりな少女がセンター?
いえ、これはさっき寛子が言い出した提案でした。

毎回は難しくても、彼女のことを思い出して欲しい.....。
また、会えたような気持ちになって欲しいから、
そう、伝説のアイドル......。

0
Comment image
31579:noppo 2016.01.20 17:01

浦川みのりに扮した吉永寛子となって舞台に立つ寛子。
こうして、浦山実が切に願った彼女をセンターにするという想いは見事に成就したのでした!
ファンから祝福される寛子

秋元康の
「ファンは神様だとは、よく言ったものだ」
その言葉がよみがえります。

0
Comment image
31581:noppo 2016.01.20 17:10

ナンツッテとカツラを外す寛子。
と、同時刻に実はバイト仲間に笑顔で伝える
「アイドルだって、頑張ってんスよっ」
このカットで、AKB49は終わりを迎えました。

この漫画は女性アイドルに扮したみのりがいたことで、アイドルとファンの結びつきが奇跡を生むということをとても教えられた漫画でした。
初回連載当時から読んでいただけあって感慨深いです。
最終話まで読んでくださった皆様、本当に有難うございました!!

0
User comment
71889:anonymous 2016.03.21 23:44

私も読者として初めから読んでいました。
みのり(実)のAKBへの熱い思いと迷惑をかけたくない、という「男気」を感じました。

最後にできれば、コミックス29巻特装版の「高橋みなみ 卒業回」のアップを希望します。

0
Comment image
171081:noppo 2016.09.16 14:13

客観的に彼女たち(AKB)を見るみのりを主人公にしたことで、
今まで不透明だったアイドルたちの人間的部分が、物語といえども描かれていて
アイドルの見方が変わる良い漫画でしたよね。
高橋みなみさんはこの物語でも、現役時代に劣らない重要な存在でしたね。
私は渡辺麻友さんが卒業されるときは特別編で漫画を描いてくれたらなあと思います。

0
コメントする