マンガガタリとは...!
> > > >
記事種別
マンガネタバレ感想
カテゴリ
少年漫画
キーワード
{{ keyword[1] }}
追加 完了
2015.12.22 17:20 投稿

『神さまの言うとおり 弐』138話 「神はいないのか」【ネタバレ・感想】

『神さまの言うとおり 弐』138話 「神はいないのか」【ネタバレ・感想】_thumb
noppo

虫の息のミケが取り出したのは、リリィたちが写った集合写真。2年前の紛争、付箋回収始まります。
(前回)『神さまの言うとおり 弐』137話 「HELLO NEW YOU」はこちら↓
https://mangagatari.com/topics/1080

58629
0
Comment image
22538:noppo 2015.12.22 17:23

カスタムボーイやオスメス、リリィはなぜあんなにも強いのか?天谷も見抜いた殺戮を日常としてきた彼らたちの過去編が始まりました。
独立を目指し殺戮が絶えなかったとある地区、終結させるために下した作戦は、、、。

0
Comment image
22539:noppo 2015.12.22 17:25

物心つく前からの孤児たちを集め、殺人兵器に作り上げていくことでした。その中には幼いリリィの姿も。現実世界でも問題視されているため、心が痛い内容です( ; ; )

0
Comment image
22540:noppo 2015.12.22 17:27

そして、兵器として成長していくリリィ。自分が生き残るために、壮絶な戦いをくぐり抜けていきます。

0
Comment image
22541:noppo 2015.12.22 17:28

そして、リリィという名前の由来。それは戦いで負った大きな火傷の跡が百合(リリィ)のようだったから。

0
Comment image
22542:noppo 2015.12.22 17:31

しかし、壮絶な戦いの中で生き残った少年兵たちと心を交わし、絆を深めていきます。カスタムボーイは瀕死の重傷から、実験材料にされ義手・義足を装着された少年だったことが伺えます。

0
Comment image
22543:noppo 2015.12.22 17:33

強い絆で紛争を終結へ導いていくリリィたち。終結したら彼らは解放されるはずだったのですが、、、。

0
Comment image
22544:noppo 2015.12.22 17:35

あまりにも強すぎるゆえ、大人たちからは存在が兵器と認識されてしまいます。その場で殺されるというなんとも無情な仕打ち。絶望に打ちひしがれる彼らたちの眼の前に現れたのは、、、。

0
Comment image
22545:noppo 2015.12.22 17:38

えーーーっと、、、だるまじゃないんですね(・・;)ジーニーなんですね。海外版は。強すぎるためそのまま試練へ向かうエリートコースだったリリィたちでした。

0
Comment image
22546:noppo 2015.12.22 17:40

そして、戦争のない平和な世界をつくるために、神の選別に決意を固めたリリィたち。暴力的なまでの彼らの強さ、残虐さの裏にはこうした彼らなりの正義があってのことだったんですね。

0
Comment image
22547:noppo 2015.12.22 17:43

そして場面はミケとリリィが対峙する場面へと戻ります。息を引き取った?ミケを跡にしてリリィは一人、最後の戦いへ。
あと担当T屋さん、クリスマスのスケジュール空いたようです!!来週のご報告に期待します!

0
User comment
24143:anonymous 2015.12.29 00:44

続きをはやくみてーwww

0
User comment
24152:anonymous 2016.01.02 15:01

続き早く見たい

0
User comment
24153:anonymous 2016.01.02 15:04

それなwww

0
User comment
24225:anonymous 2016.01.05 20:43

どーなることやらw
マジ見たいわ!

0
User comment
24227:anonymous 2016.01.06 00:12

こんな過去があったのね

0
User comment
24406:anonymous 2016.01.06 15:34

最高!ミケ最高!

0
User comment
27629:anonymous 2016.01.12 10:31

矢吹力石は流石に草

0
User comment
154687:anonymous 2016.08.17 20:13

リリィと未来トランクスは境遇が似てるね。

0
コメントする